7/2土 岩城里江子 なないろのほし アコーディオンとダンス

なないろのほし
アコーディオンとダンス


この世界の嵐に翻弄されながら、さまざまな軌跡を描く私たち。

今この場所で重なり合う奇蹟の中、たった一年で立ち上がってくる次の物語。

アコーディオンの奏でる星の物語に踊るダンサーの美しい身体は、ここに生きている人間の姿です。

会場のTen→Senギャラリーでは廣田圭司展開催中。

一人の作品とはとても思えない、廣田の捉えた裸婦像の軌跡です。


出演・岩城里江子、Rei Rei、藤田朱美


■日時 : 2022年7月2日(土)
19:00〜 (受付 18:30より)


■参加費 : 予約制 ¥3,000税込 ワンドリンク&おつまみ付き 

当日受付にてお支払いください


■定員 : 30名


■会場 : gallery Ten→Sen ギャラリーテンセン


■お申し込みはこちらから ↓


■出演者プロフィール


岩城里江子 アコーディオン

3歳、ピアノを始め、転校の多い子供時代を過ごす。

音楽とは離れた大学生活を謳歌し、情報誌勤務ののち、1000人のママサークル2代目代表。

1998年アコーディオンに出会い、2年後演奏活動を始める。

2004年演劇やダンスなどとの共演で、音楽の物語性に目覚める。

2015年バンドネオンに熱中し、2016年40日間800キロ徒歩でサンティアゴ巡礼。

2020年占星術を学び始め、2021年「星のことほぎ(寿ぎ)」をテーマに動画を作りはじめる。

お話とのユニット「楽香」、歌・ギター・マリンバとのトリオ「竹林トリオ」メンバー。

https://www.iwakirieko.net


Rei Rei ダンス

高校卒業後、エアロビクスインストラクターを目指すために入学した専門学校なのに、何故か授業にあったバレエ、モダンダンスに魅了される。卒業後にコンテンポラリーダンスのカンパニーに所属。ダンサー&振付家として国内外で研鑽を積む。

40歳を迎える辺りから活動の幅を拡げる為にヨガの勉強を開始。近年では自己表現のダンスとヨガによる心身のメンテナンスが、健康維持と自己の内面の成長に繋がっていくことを実感。

そのアプローチとともにヨガと自己表現のアート(ダンス、音楽、絵画、歌など)の融合の世界観を創作活動中。


藤田朱美 表現者

3歳 モダンバレエを始める。

22歳 ジャスダンススクールのインストラクターになる。アイドルグループのリーダーとして活動。

24歳 東京ディズニーランドのダンサー。

30歳 単身NYへ。様々なダンスに出会う。

一旦帰国後再渡米。NYにある全米第一のマッサージセラピーのカレッジに入学。

8年のNYでのセラピスト経験を経て帰国後、東京銀座にサロンとマッサージスクールを開業。

瞑想指導者の資格も取得。人間の心と体について探求を深めていく。

近年は即興の踊りを中心にロシアやインドのイベントでも踊る。

いまここに感謝して。

主催:星のことほぎ事務局

gallery Ten→Sen

ギャラリーテンセンは、千葉県松戸市にあるギャラリースペースです。アート、デザイン、音楽、文学…ジャンルを越えて、素敵な人やものや時間を繋ぐお手伝いができることを願っています。